簡単なねこ撃退法とは?

subpage01

勝手に猫が家の敷地内に入り込み、畑や庭で糞や尿をするのは、その場所が居心地の良い場所だからです。

人の出入りが少なく、天敵の番犬もいない、柔らかい土や砂があって安心して排便が出来るような環境を好むため、一度お気に入りの場所を見つけると、ずっとその場所で現れます。


逆に言えば、猫にとって居心地の悪い環境を作るのがねこ撃退に効果があるという訳です。

ねこ撃退で一番力を入れたいのは、トイレとして利用されないための対策です。



まず猫は自分のニオイに反応して用を足したがる習性があるので、尿や糞が落ちていた場所は水道水で綺麗に流すようにします。


また木酢液や竹酢液、正露丸を潰したニオイを嫌うので、これらを水に混ぜて撒いておくとさらに効果的です。
ただし全ての猫が同じニオイを嫌う訳ではなく、最初は警戒していても大丈夫だという事がわかれば、また現れるようになります。ニオイの効果を持続させるためには数日に一度は入れ替える必要があり、意外と手間がかかる方法でもあります。


そして物理的に嫌な経験をさせるのも効果的です。

やって来る時間帯がわかっていれば物陰に隠れて霧吹きで水をかけたり、モーター音などを鳴らすなどして猫を驚かせます。



これらを何度も続けていると、猫にとっては嫌な場所となるので、自然と敬遠するようになります。
もちろん怪我をさせるような危害を与えてはいけません。


また面倒臭がらずにその行為を続ける事もポイントです。

ねこ撃退法はとても古典的な方法です。確実に効果があるとは断言出来ず、猫も賢いため長い闘いになる可能性もあります。
またこの問題は自分の家だけではなく、地域ぐるみの問題でもあります。



近所や町内会などで話し合い、どこか良い場所にお気に入りとなる専用のトイレを設置してあげるのも一つの方法です。