タミフルの危険性

インフルエンザの治療薬として有名なタミフルの危険性に迫る

タミフル以外の治療薬について

タミフルの危険性については前項でも述べた通り、小児(10代の未成年)が服用した際に起こる異常行動が主なものとなっています。
しかし、異常行動だけでなく副作用としても吐き気・下痢・嘔吐・腹痛などの胃腸に感じる症状が出ることもあると言われており、稀に出血性大腸炎・肝障害・皮膚障害などの重篤な副作用が出る場合もあるという事ですので、大人が使用する際にも十分な注意が必要です。

そこでタミフル以外のインフルエンザ治療薬に注目が集まるところですが、他にどのような薬があるのでしょうか。

まずはリレンザという治療薬があります。
こちらはタミフルに次いで2番目に販売が開始された吸引式の治療薬で、専用の吸引器が付属されます。
タミフルの場合ですと、すでに「耐性ウイルス」が登場していることもあり、タミフルが効かないという人に対しても有効性があることで注目されている治療薬です。
また、インフルエンザの予防としても使用することができますので自宅に置き薬として用意している人も多いようです。
ただし子供には使えないという点と、吸引器の使い方が少々難しいという点が難題と言えるでしょう。

次にイナビルという商品があります。
こちらもリレンザと同様に吸引器で薬剤を吸入するタイプとなるため、使い方に慣れるまでは少々服用する手間がありますが、薬剤が直接ノドや気道に付着するので即効性が高いという魅力があります。

他にはラピアクタという点滴型の薬もありますが、こちらは病院で診察を受けた際に比較的インフルエンザの症状が重たい場合に使用されることが多いと言われています。

このように色々な治療薬がありますので、どちらを利用されるかご自身と医師の相談で決めていくようにされると良いでしょう。