タミフルの危険性

インフルエンザの治療薬として有名なタミフルの危険性に迫る

インフルエンザ以外の感染症

皆さまはインフルエンザ治療薬といえばどの商品を思い浮かべるでしょうか?

おそらくほとんどの方がタミフルという名前が脳裏をよぎるかと思います。
病院でもタミフルが処方されることが多い日本では当然のことかもしれません。
しかし、現在ではタミフル以外にもインフルエンザ治療薬として効果的な商品は色々と登場しており、すでに病院でも処方が始まっています。

例えば、リレンザという治療薬がありますが、こちらは専用の吸引器を用いて中の吸入するものとなっており、直接的に喉や気道に薬剤が吸着するところから即効性が高いと注目を集めています。
他にはラピアクタという点滴薬も登場しており、こちらは医師の診断で重症と判断された際に使用されることが多いと言われており、院内が混雑している時には通常の治療薬を処方されることもあるとされています。
また、タミフルと同じ成分が配合されているジェネリック医薬品も販売されており、先発品のタミフルよりも安い価格で購入できるということから多くの方がジェネリック医薬品を選ばれています。

このように現在ではタミフル以外にも選択の幅が広がっていますので、ご自分にあった治療薬を用いることをお勧めします。