タミフルの危険性

インフルエンザの治療薬として有名なタミフルの危険性に迫る

インフルエンザの飛沫感染対策とタミフルで入院を防ぐ

毎年大流行するインフルエンザは、感染力が強いのでうつりやすく、うつってしまうとくしゃみや鼻水、のどの違和感から始まり、突然の高熱と咳が加わり、全身の倦怠感も強いため、大変つらく、学校や職場へも行くことができなくなります。体力のない幼児や高齢者、病気の方などは、体力を消耗し、感染症や合併症、肺炎などの危険にもさらされ、入院する可能性が高いので、注意が必要です。
インフルエンザは、飛沫感染が多いといわれており、咳が出てくる発症後3日目の感染力が最も強いとされています。インフルエンザがうつらないようにするためには、飛沫感染対策が肝心で、インフルエンザになった人も、なっていない人もマスクをつけたり、手洗いをしっかり行うことで飛沫感染対策をすることは基本です。また、家に帰ったら、外で飛沫感染対策に使用したマスクを外して、ビニール袋などに入れて捨て、新しいマスクをつけることがおすすめです。
小さい子供やお年寄りなどのインフルエンザでの入院を防ぐために、家族など身近な人がインフルエンザになった時に、タミフルを予防的に投与することがあります。インフルエンザ患者と接触後48時間以内に服用することで、もしうつってしまったとしても、タミフルのインフルエンザウイルスが増殖することを抑える効果により、重症化を防ぐ効果が期待できます。タミフルの予防的服用をしていると、インフルエンザウイルスが体内に入っても、増殖を抑制されているので、発症までに至らないことが多く、体力のない人が家族間で感染し入院するほど症状が重くなることを防ぎます。高齢者や呼吸器系の病気の人、代謝性疾患や腎臓機能障害の方などは、リスクが高いとされているので、病院で相談すると良いでしょう。