タミフルの危険性

インフルエンザの治療薬として有名なタミフルの危険性に迫る

インフルエンザには加湿器とタミフルと予防注射費用

毎年インフルエンザは当たり前のように流行するようになりましたが、予防接種なども会社や学校から受けるように言われて大体どれぐらいの予防注射費用になるのかと頭を抱える事もあるでしょう。予防注射費用は利用する医療機関で多少増減しますし、場合によっては補助なども出たりしますが、一般的には一回約3000円程度で予防注射費用は考えておくと良いでしょう。

治療薬のタミフルを予防として使う場合には受診時の費用も含めれば5~7000円ぐらいでの処方になる事が多いです。感染者の看護に当たる場合や、試験や仕事などでどうしても感染したくないというときに処方を検討しましょう。治療時に利用する場合にはタミフルの使用方法としては、必要量を5日間継続するようになっています。解熱したら薬も飲まなくていいと思う人もいるかもしれませんが、ウイルスを体内からしっかり除去するためには処方された分のタミフルは最後まで飲みきるようにしましょう。

加湿器でインフルエンザを予防するインフルエンザのウイルスは湿度が高い環境は苦手なので、加湿器もあれば部屋の環境を整えやすくなります。加湿器も近年はいろんなタイプが出ていますが、空気清浄機に機能がついていたりすることもありますし、パソコンのUSBで差して使うような小型のタイプもありますので、使い分けてみるのもいいでしょう。部屋においておけば、インフルエンザの時期以外にも花粉症の時期などそのほかの感染症の時期にも使えますし、元々のどが弱いと思っている人には加湿器があるとそれだけでも楽になります。大きいとそれなりに価格はしますが、長く使えるものとなりますので、どれを使うかは予算を決めて選びましょう。予防対策にはそれなりにお金もかかりますが、きちんと対策すれば感染のリスクも低減されます。